保険を見直すベストなタイミングとは、いつでしょうか。まず第一は就職した時です。親の扶養から外れ、社会人として第一歩を踏み出した時に、自分にあった保障の保険に入ることが重要です。若いうちは、万が一に備える保険のことは、いい加減に考えがちですが、いつ事故や病気といったトラブルが発生するか分かりませんので、しっかりと保険のことを考え、加入するべきです。

第二のタイミングは、結婚した時です。結婚したことで、家族という守るべき対象が増えます。もし自分に万が一のことがあった時、家族に迷惑がかからないように、独身の時よりもさらに充実した保障が必要になります。また、第三のタイミングとして妊娠・出産が考えられますが、子供ができた分、より自分にトラブルがあった場合の保障を充実させるとともに、今度は、学費のことも考えなければいけません。

子供が生まれたら早い段階で学資保険に加入すると、自分に万が一のことがあった場合、子供が進学を断念するといった、悲しい事態も避けられますし、普通に貯金をするより高い利率でお金を増やすことができます。それぞれの家計の事情にあわせ、学資保険や自分の生命保険、終身保険、医療保険等を見直ししていきましょう。